デジタル魚拓 WING

写真素材について

素材として利用できるもの

推奨する素材はデジカメで撮影されたデータです。

mate_1
・デジカメで撮影したデータ  500万画素以上推奨
・紙にプリントされた写真

 

※プリント写真は、スキャン作業が必要となりますので追加料金500円かかります。

写真の撮り方

キレイな魚拓を作るには、必ずデジカメで魚の真上から撮影することが大切です。
斜めや横から撮るときれいな魚拓に仕上がらないのでご注意ください。
sozai2
・フレームいっぱいに魚が入るように撮る
・魚のヒレをできるだけ広げて撮る

 

これで十分キレイな魚拓を作ることができます!
あとはできるだけ明るい時間帯の自然光で撮ることをお勧めします。

※暗くなってからフラッシュを使用して撮影すると魚のウロコでハレーション(反射)を起こしてしまいリアルな色が再現できませんのでご注意ください。

写真の修正について



オプションとなりますが、手持ち写真で手の除去、閉じた背びれなどを修復、ロッドやメジャーなどで隠れた部分の復元も可能です。
その他にも修正が必要な写真でしたらお気軽にご相談ください。

※写真の修正は、すべて有料オプション(500~2,000円程度)となります。
修正が必要な場合は事前にお見積りさせていただきます。

また、写真の状態によりましては修正加工できない場合もございますのでご了承ください。


思い出の魚をキレイなデジタル魚拓に

デジタル魚拓 ING

心をこめて製作させていただきます

è